TOP

不動様
剣
六波羅の道場
印
東北三十六不動尊
縄
東北三十六不動尊霊場

東北六県は、
六波羅密修行の道場。
拝礼によって
幸せの道がひらけます。
六波羅蜜ろくはらみつとは、迷いの此岸しがんから悟りの彼岸ひがんへと渡る六つの修行しゅぎょう布施ふせ持戒じかい忍辱にんにく精進しょうじん禅定ぜんじょう智慧ちえ)をいいます。
東北六県は、まさにこの六波羅蜜の道場どうじょう
各県ごとにそれぞれ六つ、あわせて三十六の札所ふだしょがあり、お不動様の分身ぶんしんである三十六童子どうじにお会いすることができます。
東北三十六不動尊巡拝の道は、満願成就まんがんじょうじゅの幸せへと通じる道。
巡拝により六波羅密を体験することで、迷いを絶ち目標に向かい、前向きに進む生きる力と、お不動さまの大きなご利益をいただくことができるのです。

迷いを絶ち心の安らぎを祈るお不動さま
 不動明王ふどうみょうおう大日如来だいにちにょらいの願いをあらわす尊い仏さまです。
その願いとは、慈悲じひいかりで迷いを絶ち、私たちを正しい道に歩ませることです。お身体からだが召使いのお姿をしているのは、私たちの頼みとあればいかなることも応じるという決意のあらわれであって、いつもは静かなる悟りの世界をお身体からだに秘めておいでです。お不動さまのお力は大威力だいいりきです。たとえて言えばあらゆる病をいやす薬ともいえるほどに、たいへん尊いお力です。
 願わくは霊場に巡拝するご信者の人たちが、他に比べるものがないくらい勝れているお不動さまのご利益りやくを得られますよう祈ります。広大無辺の限りなきお不動さまの功徳くどくが、この世界に生きとし生けるもの、あらゆるものにわけへだてなく平等に行き渡りますように。
昭和六十二年六月「霊場開創願文」要約
迷いを絶ち心の安らぎを祈るお不動さま