第十九番札所 永福寺

【降魔不動尊】
永福寺えいふくじ(真言宗豊山派)
御本尊
大聖歓喜天 
不動明王
御詠歌
永き世の 
業魔を降ろす不動尊 
歓喜の御山に 
詣る嬉しさ
所在地
〒020-0003
岩手県盛岡市下米内2-1-1
TEL
019-662-4424
FAX
019-662-4495
アクセス
  • JR 
    山田線 
    山口駅下車 
    徒歩1分
永福寺の創建は南北朝の頃に遡り、もと青森県三戸に創建された。縁起は、後醍醐天皇の詔宣により懐良親王が大聖歓喜天を遷座されたことに創まり、像は「高野大師作」と伝えられる。
当地に移ったのは元和年間(1615年)藩主利直が居城を盛岡に移したことに依る。この時南部氏累代の祈願寺であった永福寺も移し、新城の鬼門除けとして東北の地に伽藍を建立した。ときに盛岡五山を定めて筆頭に位し、領内社寺の総録として寺領八〇〇石を付与された。