東北三十六不動尊霊場 第三番札所
高瀧山 光明院
(こうりゅうざん こうみょういん)
宗旨:天台法流
不動尊通称:高瀧山不動尊
  • 御本尊:大聖不動明王
  • 文化財:出世太子像(誕生仏)、僧形文殊菩薩像

御詠歌
世を救う 大悲あまねき 不動尊 焔を負へる 姿尊し(光明院御詠歌)
高瀧の 巌にいます み仏は 迷いある身を 救い給はむ(奥ノ院御詠歌)

所在地:〒994-0101 山形県天童市大字山口3143−1
TEL:023-656-2183

 温泉と将棋の駒で有名な天童市で、光明院は上山口村に伽藍を鎮め、高瀧不動尊の本坊として、土地の信仰を集めている。
 不動尊利益和譛から縁起を見ると、「聖武天皇の御宇、行基菩薩が開眼した景勝無双の霊地にて、その霊験は世々に赫灼なり」と記す。不動尊の影現は滝の魔崖仏である。峻厳な山の気を分けて千仞の谷に降りると、幽邃境に瀑布がひびき、屏風岩に不動明王と阿弥陀仏の影向を拝することが出来る。

縮尺をクリックすると、詳細な地図が表示されます(Mapion
(縮尺:1/21000 1/75000 1/150000

  • JR奥羽本線 天童駅下車
    タクシー15分