東北三十六不動尊霊場 第十四番札所
大圓寺
(だいえんじ)
宗旨:高野山真言宗
不動尊通称:厄除不動尊
  • 御本尊:大日如来、不動明王
  • 文化財:大日如来坐像(国重文)

御詠歌
大聖の 慈悲にすがりて 阿闍羅山 昔も今も めざす大日

所在地:〒038-0212 青森県南津軽郡大鰐町大字蔵館字村岡12
TEL:0172-48-2017

 大鰐温泉郷の中にある大円寺は、もと阿闍羅山千坊と称された高伯寺に由来する。寺伝に依ると、奈良時代、聖武天皇の国分寺建立に始まり、本尊大日如来を阿闍羅山の大安国寺に安置されたことに起こる。
 その後、大安国寺は荒廃し、鎌倉時代建久二年、神岡山の高伯寺に移奉された。のち慶安三年(1650年)津軽三代信義公が高伯寺と本尊を現在の場所に移し、以来津軽家代々の崇敬を受けてきた。
 ところが明治四年、弘前にあった大円寺(現在の最勝院)の寺号を以て高伯寺を大円寺とした。
 本尊大日如来は大正九年に国宝の指定をうけ、昭和二十七年には国定重要文化財となった。

縮尺をクリックすると、詳細な地図が表示されます(Mapion
(縮尺:1/8000 1/21000 1/75000 1/150000

地図参照の方へ:詳細地図 1/8000を御覧の場合、赤十字のしるしがついている場所が正式な位置です。

  • JR 奥羽本線 大鰐温泉駅下車
    徒歩10分