東北三十六不動尊霊場 第三十一番札所
相応寺
(そうおうじ)
宗旨:新義真言宗
不動尊通称:赤不動(遠藤ヶ滝不動尊)
  • 御本尊:大日如来、不動明王
  • 文化財:弘法大師自筆大般若五行・薬師御鏡一面、かめつぼ一器(亀山より出土)、徳一大師本尊仏不動一躰、薬師如来、文覚上人本尊地蔵尊、徳一大師自作御影本尊、安達太良山・磐梯山恵日寺縁起各一巻、その他

御詠歌
安達太良の 御山の里の 不動尊 滝にうたれて 祈る巡礼

所在地:〒969-1302 福島県安達郡大玉村玉井字南町188
TEL:0243-48-2420

 相応寺は大玉村の中心部にあるが、不動堂である遠藤ヶ滝不動尊は安達太良山の麓にある。相応寺は、法相宗の高僧・徳一大師が大同二年(807年)眉岳に開基したが、高地は積雪も多く雷火の炎上も度々あった。応永年間(1394年)亀山の地に移り、更に永禄三年(1563年)実弁法印の代に現在地へ伽藍を造営した。元の寺跡にも石造りが現存する。
 遠藤ヶ滝不動尊は平安時代の遠藤武者・盛遠に因む。袈裟御前との恋に破れた盛遠が名を文覚と改め仏門に帰依し、若い頃、安達太良山中の瀑布において気を養ったことから冠して、遠藤ヶ滝と称するようになった。以来、遠藤ヶ滝不動尊と敬い人々の信仰を篤くしたが、この別当寺が相応寺であった。

縮尺をクリックすると、詳細な地図が表示されます(Mapion
(縮尺:1/8000 1/21000 1/75000 1/150000

地図参照の方へ:詳細地図 1/8000を御覧の場合、赤十字のしるしがついている場所が正式な位置です。

  • JR 東北本線 本宮駅下車
    タクシー25分
    徒歩は無理